自分で簡単に水素水を作る方法

水素水情報

2017年現在、市販されている水素水の数は120種以上、その中から1つ選ぶのは非常に困難な事でしょう。基本的に水素水、入っているのは水素と水、最近では多くの会社が高濃度の水素水作っていますのでどれも同じようなものです。比較するなら値段でしょうか?できるだけ高濃度でお安い水素水飲みたいのなら、水素水サーバーのレンタルが飲み放題でコスパ最強です。月額4980円(税別)〜は水素水定期購入よりお得!!

詳細はこちら

最新型家庭用水素水サーバー


東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の関東一円の方のみ
注文待ち続出

詳細はこちら

月々1,572円(税別)の低価格レンタル水素水サーバー



水素サプリメント楽天ランキングでも1位人気爆発中!!
ちゃんと水素が発生するサプリメントもあった!本当に信頼できる本物の水素サプリメント実は水素水より激安

水素入浴剤は危険なの??衝撃の事実

TV等で有名な太田成男氏の新刊2017/3/1販売

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ここまでわかった 水素水最新Q&A [ 太田 成男 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/3/22時点)



今回は、少し難しい話も出てきますが、水素が医薬品にならない話、腸内細菌が水素を作るので、水素は必要なし??水素について、疑問に思うことを解説してくれているので、水素に興味があるけど、水素について怪しいと思っている方にはオススメだと思います。

自分で簡単に水素水を作る方法、無料で水素水が出来るそうです。

水素水はお高いのでもしかすると自分で簡単に水素水を作れる方法があるのではないかと、色々調べてみました。

 

すると、玄米乳酸菌水や米のとぎ汁乳酸菌水が水素水の代わりになると分かりました。

これらの水、還元電位が下がり、水素も1000ppbくらいあるそうです。1000ppbと言えば1.0ppmですからこれが本当ならお高い水素水わざわざ購入しなくても良くなり、家計が助かりますね。

 

玄米乳酸菌水や米のとぎ汁乳酸菌水の作り方part1

水1Lに対して
米もしくは玄米小さじ1杯

 

白米や玄米のとぎ汁には乳酸菌が多く含まれていまして、それに着眼した方法です。
とぎ汁が乳酸発酵して48時間程度放置してるだけで、米のとぎ汁乳酸菌が作れます。

 

これが最も簡単な方法でして、みなさん色々試しているみたいです。

 

玄米乳酸菌水や米のとぎ汁乳酸菌水の作り方part2

玄米1カップ 
水500ml程度
塩5g
てんさい糖(もしくは黒糖)25g

暖かい場合1日、通常は1週間程度で完成

 

ちなみに、私は水500mlで白米小さじ2杯
同様に水500mlで玄米小さじ2杯
その両方で試してみました。

 

この乳酸菌水本当に水素はあるのか??


いつもの溶存水素判定試薬で簡易的に試したところ
残念です。
1滴で青くなりました
つまり、水素はないですね。
還元電位は分かりませんが、おそらく酸味があるので下がってはいるでしょう。
という事で、水素水の水素によって還元される効果はないですが、乳酸菌には色々効果があるのでそちらの効果を期待すれば良いですね。

 

乳酸菌の効果

美肌効果、アトピー改善効果、消臭効果、殺菌効果

 

色々効果ありますから、防臭剤の代わり、洗剤の代わり、入浴剤として、化粧水として使えそうですね。
ただし、飲料用としては、作り方が失敗したのでしょう。
腹痛や下痢を起こす人もいるみたいです。
私もいまいち味的に好きでないので飲料用としてはおススメはしません。